会社設立に行き詰まったら税理士に相談

会社経営に行き詰まりを感じたのならば、1人で抱え込まず専門家に相談するのが1番です。
また会社設立を果たし法人として活動するのならば、嫌でも役所仕事と付き合うことになります。
中でも税務署との付き合いは、絶対に避けられません。
そこで力になってくれるのが、税理士です。
ただし同じ税理士でも、会社設立に強い人もいれば弱い人もいるので要注意です。

相談すべき税理士は、当然ながら「会社設立に強い税理士」です。
ただし強ければ良いという訳ではなく、他にも条件があります。
まずは「話しやすい人」です。
どういう税理士が話しかけやすいかについては、こればかりは「個人による」としか言えません。
ただ税理士の中には残念ながら、顧客の話をほとんど聞かず対応がおざなりになっている人はいます。
税理士という仕事についている以上、顧客の対応をおざなりにするのは決して許される行為ではありません。
会社設立に限らず、人に相談を持ちかけるということは、何か困ったことがあったからです。
困っている人に対していい加減な態度で接する人は、税理士以前に人間として疑いを持ちます。
もし相談をしてぞんざいな扱いを受けたのならば、他を当たることを強くおすすめします。

また税理士に相談する時は、なるべく会社から近い所に税理士事務所を構えている所を選びましょう。
もちろん遠く離れている税理士事務所でも、親身になって相談に乗ってくれる所は多いです。
でも万が一のことがあった場合、遠く離れていると対応に時間がかかってしまいます。
ご自身にも負担になるので、遠くはなれている税理士事務所はあまりおすすめできません。
なるべく近い税理士事務所に訪れ、相談するようにして下さい。

なお税理士事務所にもよりますが、無料で相談を受け付けてくれる所もあります。
相談内容によっては、そのまま税理士と契約か他の税理士を紹介してもらえることもあります。
尚相談するには、事前の予約が必要です。
必ず予約を入れてから、訪れるようにして下さい。