税理士に会社設立を頼む際にかかる報酬額の相場

税理士に会社設立を頼もうと考えている方はいらっしゃると思いますが、今一歩踏み出せない状態に陥っていないでしょうか。
悩んでいる理由は人それぞれかと思いますが、中でも大きなウェイトを占めているのが「相場」でしょう。
税理士に会社設立を頼んだ際、一体幾ら金額がかかるのか想像がつきません。
相場が分からない以上、どうしようもできないのが正直な所です。
そこで株式会社を例に、会社設立の際にかかる税理士の報酬の相場についてまとめます。

税理士に頼まず、自身だけでも会社設立は実質可能です。
1人で会社設立をすれば、税理士に支払う報酬額は0円です。
ただし会社設立時にかかるお金は、かなりのものになります。
株式会社の場合は、定款認証印紙代・定款認証手数料・登録免許税を合わせて24万円〜25万円が相場です。
ただし24万円〜25万円はあくまでも必要最低額の金額で、実際はもっとかかるでしょう。
また登録申請の際に必要となる書類は、山ほどあります。
書類全て自身で準備をするとなると、時間と手間もかかります。

税理士の場合、会社設立のための登録申請は法律上できないので、別に司法書士へ頼むことになります。
定款認証料・登録免許税、そして司法書士と税理士に支払う報酬額を含めると、トータルで30万円前後になります。
ちなみに司法書士や税理士に頼む際、定款認証印紙代はかかりません。
数字だけを見ると、個人よりも税理士に頼んで会社を設立した方が高くつきます。
しかし会社設立を手がけているのは、プロ中のプロです。
登録申請に必要となる書類もスッキリまとめ、難しい手続きも難なくこなしてくれます。
また会社設立後も税理士にはお世話になることもあるので、30万円は寧ろリーズナブルな価格と言えるでしょう。

ただし今回取り上げた税理士の報酬額の相場は、あくまでも相場です。
実際の報酬額は、税理士によって大きく変わります。
報酬額の詳細については、直接税理士事務所に問い合わせた方が確実です。