起業時に任せたい東京の税理士事務所

東京で起業を考えているのならば、税理士に任せた方が得策です。
しかし東京には約6000近い税理士事務所があり、何処に頼めば良いのか分かりません。
確実に探るのならば、6000件の税理士事務所を1件1件訪れることです。
しかし6000件全ての事務所を訪れるには、1日3件回ったとしても6年はかかります。
では起業時に任せたい税理士事務所を選ぶには、どうすれば良いのでしょうか。

まずは、会社設立に弱い税理士を選択肢から除外しましょう。
税理士と一言で言っても、それぞれに得意分野と苦手分野があります。
税理士だからと言って、必ずしも会社設立に強い訳ではありません。
万が一会社設立に慣れていない税理士に頼んでしまうと、法人に関する税金の手続きや届出に時間がかかってしまいます。
経営そのものについても素人なので、的確なアドバイスを受けることはできません。
例え他の分野で素晴らしい実績があり、評判が高い税理士であっても、会社設立に弱いのならば選択肢から除外です。
会社設立に関して実績のある税理士に、任せるようにしましょう。

そして、司法書士・行政書士・社労士と連携が取れている税理士事務所を選んで下さい。
税理士は、会社設立に関する全ての業務を承っている訳ではありません。
起業時の手続きの中には、法律的に税理士が承ることができないものも含まれています。
会社設立には税理士はもちろん、司法書士・行政書士・社労士の協力が必要不可欠です。
会社設立に強い税理士事務所になると、司法書士が在籍している所もあります。

「会社設立に強い所」「司法書士や行政書士と連携」の2つの条件に当てはまっている税理士事務所は、意外と少なくなっています。
かなり数も絞られるかと思うので、探しやすくなるでしょう。
ただし例え実績も実力もある税理士に会社設立を頼んだとしても、税理士に”おんぶにだっこ”状態では、いい会社は作れません。
本当にいい会社を築き上げるには、ご自身の手にかかっていることを肝に銘じておいて下さい。