遺言書に押印なしだとどうなる?

会社設立01

遺言書は条件を満たさないと無効になることがあります。
そのような条件として知ってきたいのが押印です。
もし押印なしだとその遺言書が無効になる可能性が非常に高くなります。

これを特に気をつけたいのは自筆証書遺言と秘密証書遺言です。
こちらは遺言書の内容を被相続人が個人的に作成し、中身を第三者がチェックしないものとなります。
本当に被相続人が作ったのか確証がないため、その証明としてこれら書類は押印が必須です。

そのためこれら遺言書に押印なしだと無効となることがほとんどです。
もしそうなった場合はその遺言書の内容は特に遺産相続の内容に適用されず、あとは遺産分割協議で分割方法を決めることになります。

押印一つで被相続人の意志が活かされるかどうかがわかれるため、これから遺言書を作るときは必ず押印をしておきましょう。
ちなみにこれが必須となる自筆証書遺言・秘密証書遺言とはどんなものかご紹介しておきます。

自筆証書遺言とは故人が自分で作成して内容を第三者には知らせず、保管も個人的にやっていた遺言書のことです。
秘密証書遺言とはやはり故人が自分で作成して内容も第三者には知らせず、保管も個人的に行うのですが、そのような遺言書があることだけは公証役場に伝えておきます。
こうすることで遺族はその遺言書の存在だけはわかるのです。

このような違いはありますが、どちらも内容を被相続人が個人的に作成し、第三者がその中身をチェックしない点は共通です。
そのため書式や内容の不備がそのままとなり、実際に相続が起こったときに無効となる例が比較的よくあります。
押印なしの遺言書だったために無効になった例もよくありますね。

ですから自分で遺言書を作成して中身を誰にも見せない場合、その遺言書に押印することは忘れないように注意してください。
このときに使う印鑑に指定はありませんが、普段使っている実印や銀行印など比較的重要な印鑑を使うことをおすすめします。
ポイントになるのはその押印により故人が作成したものだと伝わるかどうかです。

シャチハタといった汎用印鑑だと誰でも押せるため故人がその遺言書を作った証拠としての能力が弱まり、場合によっては無効となる可能性も出てきます。
そうならないようになるべく故人しか使えなかったと思われる重要な印鑑で押印することをおすすめします。

なお、遺族が実際に遺言書を開封してそれが押印なしだった場合、どうしたらいいのでしょうか?
自筆証書遺言・秘密証書遺言に押印なしだった場合はやはり無効となる可能性がかなり高いです。
ただ例外的に有効と認められた例もないわけではありませんから、できるだけその遺言書を有効にしたい場合は専門家まで一度相談するといいでしょう。