会社設立に伴う税理士費用

会社設立

納税者が円滑に税金を納めることができるように様々なサポートをするのが税理士の仕事で、中小企業や個人を対象に税務業務を行います。
具体的には、納税者の代わりに税金の申告をする税務代理業務、確定申告時など税金に関する様々な書類を作成する税務書類業務、税金の不明点やトラブルを解決する税務相談業務などがあるのです。
このように税務に関する全てを担当するのが税理士で、場合によっては財務書類の作成や記帳代行など会計業務も行うことがあります。
また、経営コンサルティングとしての側面もあって、決算対策や節税対策など経営に関するアドバイスの実施や、資金繰りから経営の合理化までトータル的にサポートしてくれるのです。
それから事業計画書の作成や経営計画の策定を依頼することも可能で、このように幅広い業務をしているため、会社設立の際にも重要な業務代行が依頼できます。

税理士に依頼をする際の契約方法には、依頼をするごとに報酬を支払う報酬型と、顧問契約を交わす月額型の2種類があるのです。
気になる税理士に支払う費用ですが、どちらの契約方法にするのかで異なってきます。
会社設立時の手続きサポートや決算時の申告書類の作成代行など、決まった作業のみを依頼する報酬型の費用は、会社設立時の手続きサポートなら約20~25万円程度が相場です。
決算報告など書類作成の費用は、事業規模や税理士事務所で大きく違ってくるので一概に相場は言えません。
月毎の税務処理の担当や経営に関する相談など、長期的に力を借りる顧問契約を締結する月額型の費用相場は、月々約3万円から高くても約5万円程度に収まることが多いです。
また会社設立の手続きサポートを含めて顧問契約を締結すると、会社設立の手続きサポートの費用が抑えられますし、税理士によって0円ということもあります。
ですから、仙台で会社設立の手続きサポートを税理士に依頼する時には、その場だけ力を借りたいのか今後も継続して力を借りたいのかを考えて、依頼するのかを判断することも必要です。

それから仙台で不動産をたくさん所有している方は、不動産管理会社を設立することで節税になるといった声が多いので、会社設立を検討する方もいることでしょう。
その為に税金の専門家の税理士に会社設立を含め顧問契約を締結するケースもありますが、会社設立費用や税理士費用などで費用倒れしてしまうことも少なくありません。
ですから不動産管理会社を設立する前にしっかりと検討すると共に、依頼する税理士を見極めることも大事です。