依頼をしたい税理士の特徴

税理士は、会社の命運を握る存在です。
言い方は少し、大げさかもしれません。
でも会社設立だけでなく、会社設立後にも税理士と関わる可能性はあります。
税理士との付き合いは会社設立の時だけではないのです。
税理士との付き合いが長くなることを考えると、間違いのない税理士に依頼したいものです。
では税理士はどう選べば良いのか、税理士選びのポイントについてまとめます。

まず前提としてあるのが、税理士はサービス業であるということです。
良いサービス業を選ぶには親身になって対応しているかどうかが、重要になるのは周知の通りです。
もちろん、税理士にも同じことが言えます。
税理士に依頼をする人の多くは、お金にまつわる仕事です。
親身になって対応しない税理士になると、大切なお金をぞんざいに扱われる恐れがあります。
後で何かあってからでは、遅いのです。
だからこそ依頼する税理士は、親身になって相談してくれる人を選ぶようにしましょう。

報酬額がハッキリしている税理士も、依頼すべき税理士の1人です。
一昔前の税理士はどんぶり勘定もいいところで、必要以上に高い報酬を顧客に請求していました。
もちろん今は許されるはずもなく、“炎上”は免れないでしょう。
今は報酬に関してきっちりしている所は増えて来ているものの、怪しい所が完全に無くなった訳ではありません。
報酬額についての説明が曖昧な税理士であれば、他を探すことを強くおすすめします。

レスポンスが早い税理士も、候補として挙げておきたいものです。
信じられないかもしれませんが、税理士のレスポンスはかなり遅いです。
レスポンスの遅さで、顧客からクレームが来ることもあります。
些細な問い合わせであっても、返事が来るのに数日待つのは当たり前の状態です。
レスポンスが早い税理士かどうかは、実際に依頼をしてみない限りは分かりません。
でも依頼をしなくとも、ヒントなら分かります。
見積書の提出・相談の問い合わせについての返答までの期間から、レスポンスのスピードは読み取れる筈です。