会社設立に伴う税理士費用

会社設立

納税者が円滑に税金を納めることができるように様々なサポートをするのが税理士の仕事で、中小企業や個人を対象に税務業務を行います。
具体的には、納税者の代わりに税金の申告をする税務代理業務、確定申告時など税金に関する様々な書類を作成する税務書類業務、税金の不明点やトラブルを解決する税務相談業務などがあるのです。
このように税務に関する全てを担当するのが税理士で、場合によっては財務書類の作成や記帳代行など会計業務も行うことがあります。
また、経営コンサルティングとしての側面もあって、決算対策や節税対策など経営に関するアドバイスの実施や、資金繰りから経営の合理化までトータル的にサポートしてくれるのです。
それから事業計画書の作成や経営計画の策定を依頼することも可能で、このように幅広い業務をしているため、会社設立の際にも重要な業務代行が依頼できます。

税理士に依頼をする際の契約方法には、依頼をするごとに報酬を支払う報酬型と、顧問契約を交わす月額型の2種類があるのです。
気になる税理士に支払う費用ですが、どちらの契約方法にするのかで異なってきます。
会社設立時の手続きサポートや決算時の申告書類の作成代行など、決まった作業のみを依頼する報酬型の費用は、会社設立時の手続きサポートなら約20~25万円程度が相場です。
決算報告など書類作成の費用は、事業規模や税理士事務所で大きく違ってくるので一概に相場は言えません。
月毎の税務処理の担当や経営に関する相談など、長期的に力を借りる顧問契約を締結する月額型の費用相場は、月々約3万円から高くても約5万円程度に収まることが多いです。
また会社設立の手続きサポートを含めて顧問契約を締結すると、会社設立の手続きサポートの費用が抑えられますし、税理士によって0円ということもあります。
ですから、仙台で会社設立の手続きサポートを税理士に依頼する時には、その場だけ力を借りたいのか今後も継続して力を借りたいのかを考えて、依頼するのかを判断することも必要です。

それから仙台で不動産をたくさん所有している方は、不動産管理会社を設立することで節税になるといった声が多いので、会社設立を検討する方もいることでしょう。
その為に税金の専門家の税理士に会社設立を含め顧問契約を締結するケースもありますが、会社設立費用や税理士費用などで費用倒れしてしまうことも少なくありません。
ですから不動産管理会社を設立する前にしっかりと検討すると共に、依頼する税理士を見極めることも大事です。

遺言書に押印なしだとどうなる?

会社設立01

遺言書は条件を満たさないと無効になることがあります。
そのような条件として知ってきたいのが押印です。
もし押印なしだとその遺言書が無効になる可能性が非常に高くなります。

これを特に気をつけたいのは自筆証書遺言と秘密証書遺言です。
こちらは遺言書の内容を被相続人が個人的に作成し、中身を第三者がチェックしないものとなります。
本当に被相続人が作ったのか確証がないため、その証明としてこれら書類は押印が必須です。

そのためこれら遺言書に押印なしだと無効となることがほとんどです。
もしそうなった場合はその遺言書の内容は特に遺産相続の内容に適用されず、あとは遺産分割協議で分割方法を決めることになります。

押印一つで被相続人の意志が活かされるかどうかがわかれるため、これから遺言書を作るときは必ず押印をしておきましょう。
ちなみにこれが必須となる自筆証書遺言・秘密証書遺言とはどんなものかご紹介しておきます。

自筆証書遺言とは故人が自分で作成して内容を第三者には知らせず、保管も個人的にやっていた遺言書のことです。
秘密証書遺言とはやはり故人が自分で作成して内容も第三者には知らせず、保管も個人的に行うのですが、そのような遺言書があることだけは公証役場に伝えておきます。
こうすることで遺族はその遺言書の存在だけはわかるのです。

このような違いはありますが、どちらも内容を被相続人が個人的に作成し、第三者がその中身をチェックしない点は共通です。
そのため書式や内容の不備がそのままとなり、実際に相続が起こったときに無効となる例が比較的よくあります。
押印なしの遺言書だったために無効になった例もよくありますね。

ですから自分で遺言書を作成して中身を誰にも見せない場合、その遺言書に押印することは忘れないように注意してください。
このときに使う印鑑に指定はありませんが、普段使っている実印や銀行印など比較的重要な印鑑を使うことをおすすめします。
ポイントになるのはその押印により故人が作成したものだと伝わるかどうかです。

シャチハタといった汎用印鑑だと誰でも押せるため故人がその遺言書を作った証拠としての能力が弱まり、場合によっては無効となる可能性も出てきます。
そうならないようになるべく故人しか使えなかったと思われる重要な印鑑で押印することをおすすめします。

なお、遺族が実際に遺言書を開封してそれが押印なしだった場合、どうしたらいいのでしょうか?
自筆証書遺言・秘密証書遺言に押印なしだった場合はやはり無効となる可能性がかなり高いです。
ただ例外的に有効と認められた例もないわけではありませんから、できるだけその遺言書を有効にしたい場合は専門家まで一度相談するといいでしょう。

会社設立で重要な青色申告

会社設立

日本ではお金を稼ぐと、その申告が必要となります。
普通のサラリーマンの方などは気付いていないかもしれませんが、国にその稼ぎについては把握されています。
お金を稼ぐということは、市場に出回っているお金を手にするということになるため、国も極力は管理しておきたいというわけです。
会社設立となると、よりそのお金の流れに関しては、管理もシビアになっていきます。
毎年、どれくらいの収益を上げたのかについて、事細かく報告しなくてはなりません。
それが確定申告というものです。
実際に確定申告などは個人事業主やフリーランス、その他の自営業の方に使う言葉という意味がありますが、簡単に言えば1年間でどれくらい稼いだのかを報告するものでもあります。
会社でも同様に申告が必要で、どれくらい仕入れてどれくらい売り上げてどれくらいの純利益になったのかを証明しなくてはなりません。
そこで必要となるのが青色申告です。

青色申告というのは、確定申告の種類のようなものだと思ってください。
確定申告には白色申告など、複式簿記が必要とならないものもあります。
しかし、企業や会社の場合は、基本的に青色申告が必要となります。
もちろん、青色申告の場合は基礎控除の他、控除できる金額も大きいので、そこはしっかりと申告しておくことをおすすめします。
ちなみに、個人事業主やフリーランスの場合で収益が少ない場合は確定申告が不要な場合も多いです。

ただ、会社の場合は赤字でも黒字でも、基本的には申告が必要となります。
後々に繰り越すことも考えるとすると、赤字でも黒字でも申告して対応してもらうのが良いです。
青色申告は、そういう意味でも会社設立で必要となってくるので、知識を身に付けておくことが必要となります。

ただ、普通の人がいきなり「青色申告しなさい」と言われてもわからないことが多いでしょう。
そういう場合は、まずは色々と考えて勉強してみてください。
その他、税金に関することなので、税理士などの専門家に相談してみると良いです。
税理士は確定申告など必要な手続きはもちろん、その他節税や税金対策についても教えてくれます。
そこはしっかり相談することによって、より安定した経営に繋げていくことができるはずです。
特に税金のことなら税理士に相談して、申告の負担を減らしていくことも会社設立後には必要となってくることです。
そこも理解しておくと良いのではないでしょうか。

起業時に大阪の税理士に頼むこと

東京と比べると数は少ないものの、大阪には3,000件近い税理士事務所があります。
現在大阪に住んでいるのならば、必ず1軒は近所に事務所がある筈です。
大阪で起業を考えているのならば、大阪の税理士を頼るのがベストです。
では起業時、税理士には何をどういう形で頼れば良いのでしょうか。

続きを読む 起業時に大阪の税理士に頼むこと

起業時に任せたい東京の税理士事務所

東京で起業を考えているのならば、税理士に任せた方が得策です。
しかし東京には約6000近い税理士事務所があり、何処に頼めば良いのか分かりません。
確実に探るのならば、6000件の税理士事務所を1件1件訪れることです。
しかし6000件全ての事務所を訪れるには、1日3件回ったとしても6年はかかります。
では起業時に任せたい税理士事務所を選ぶには、どうすれば良いのでしょうか。

続きを読む 起業時に任せたい東京の税理士事務所

税理士に会社設立を頼む際にかかる報酬額の相場

税理士に会社設立を頼もうと考えている方はいらっしゃると思いますが、今一歩踏み出せない状態に陥っていないでしょうか。
悩んでいる理由は人それぞれかと思いますが、中でも大きなウェイトを占めているのが「相場」でしょう。
税理士に会社設立を頼んだ際、一体幾ら金額がかかるのか想像がつきません。
相場が分からない以上、どうしようもできないのが正直な所です。
そこで株式会社を例に、会社設立の際にかかる税理士の報酬の相場についてまとめます。

続きを読む 税理士に会社設立を頼む際にかかる報酬額の相場

会社設立に行き詰まったら税理士に相談

会社経営に行き詰まりを感じたのならば、1人で抱え込まず専門家に相談するのが1番です。
また会社設立を果たし法人として活動するのならば、嫌でも役所仕事と付き合うことになります。
中でも税務署との付き合いは、絶対に避けられません。
そこで力になってくれるのが、税理士です。
ただし同じ税理士でも、会社設立に強い人もいれば弱い人もいるので要注意です。

続きを読む 会社設立に行き詰まったら税理士に相談

会社設立後に税理士と顧問契約を結んだ企業の特権

「いざという時になったら顧問契約を結ぶ税理士を探せば良い」と、考えていることでしょう。
もちろんいつどういう形で顧問契約を結ぶ税理士を探すかは、人それぞれです。
しかし実は順調な会社になればなるほど、早い段階から税理士と顧問契約を結んでいる傾向があります。
税理士と顧問契約を結ぶと、大きなメリットが得られるからです。

続きを読む 会社設立後に税理士と顧問契約を結んだ企業の特権

依頼をしたい税理士の特徴

税理士は、会社の命運を握る存在です。
言い方は少し、大げさかもしれません。
でも会社設立だけでなく、会社設立後にも税理士と関わる可能性はあります。
税理士との付き合いは会社設立の時だけではないのです。
税理士との付き合いが長くなることを考えると、間違いのない税理士に依頼したいものです。
では税理士はどう選べば良いのか、税理士選びのポイントについてまとめます。

続きを読む 依頼をしたい税理士の特徴

会社設立に必要となる手続き

会社設立には、ありとあらゆる手続が必要です。
簡単に設立ができると話題になっている合同会社でも、登記申請・自治体への許認可などの手続が求められます。
それぞれの手続がシンプルなもので、準備に時間がかからないのならばご自身でも行うことができるでしょう。
でも実際は想像以上に複雑で、「手続に間違いは許さない」というプレッシャーもついてまわります。
そこで頼りになるのが、税理士です。
では税理士は会社設立の際に、どこまで手続を承ってくれるのでしょうか。

続きを読む 会社設立に必要となる手続き